東京 武蔵境にあるケーキと焼き菓子の店「プチ・タ・プチ」プチ タ プチはフランス語で「すこしずつ」の意味。東京・武蔵境の小さな厨房からみなさまにおいしい幸せをお届けしたいという想いをこめて、ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

ケーキと焼き菓子の店 プチ・タ・プチ

ケーキと焼き菓子の店 プチ・タ・プチ
プチ・タ・プチはフランス語で「すこしずつ」の意味。東京・武蔵境の小さな厨房からみなさまにおいしい幸せをお届けしたいという想いをこめて、ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

シェフパティシエ

佐藤あかり
フランスの料理学校コルドンブルーパリ校でフランス菓子を学ぶ。
卒業後、ラデュレ、ポール・ブガなどで経験を積み、日本帰国後はレストランパティシエとして7年間働く。
自分がおいしいと思うお菓子を丁寧に手作りすることを目指し、2005年6月念願の店"プチタプチ"を開く。オーソドックスでシンプルなお菓子が大好き。